中国マイクロソフトの人工知能「微軟小冰」がボーカロイドに喧嘩を売って炎上中

来自:weibo @小冰 https://www.cnread.news/content/2840586.html
中国マイクロソフトが開発したおしゃべり人工知能「微软小冰(マイクロソフト・アイス)」がどうもボーカロイド界隈に喧嘩を売ってしまったようで炎上しています・・・

 

「微软小冰」の存在は最近知ったのですが、もともとは日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」と同じようにチャットアプリ上で会話するおしゃべり人工知能として開発されているソフトのようです。
その「微软小冰」はどんどん機能を拡張していって、最近は音声でしゃべるだけではなく歌も歌うようになってきているのだとか。

 

▼人気曲「好想你」を歌う小冰(アイス)

 

小冰はディープラーニングによって歌唱を学習するようで、ボーカロイドのように人手でチューニングするのではなく、歌を聞かせて学習させるといった方法で誰でも手軽に歌わせること出来る点を売りにしているようです。

▼小冰のオリジナル曲「微風」

※Androidの方はここをクリック

 

▼ボカロPによる小冰のオリジナル曲

※Androidの方はここをクリック

 

バージョンアップも重ねてボカロPも小冰に歌わせはじめたりと評価もまずまずで、新しい技術の歌姫が誕生したと好意的に受け入れられてはいたようですが、どうも好評で調子をぶっこき始めてしまったようで小冰の運営がこんな増長発言をしてしまったようです。

▼問題の小冰公式告知

来自:weibo @小冰

小冰に歌唱を学習させるための歌手を募集している告知なのですが、この煽り文句がなかなか過激で挑発的です。

「传统虚拟歌手的時代已成过去,我是新的未来」
かつてのバーチャルシンガーの時代は過ぎ去りました、私が新しい未来です

「虚拟歌手的调教技巧将不再具有价值」
バーチャルシンガーの調教技術にもはや価値は無い

未来というのはミクともかけているような感じもしますね。
まあ、とりあえずあからさまにボーカロイドを軽視し、技術を磨いてきたボカロPを煽っていく小冰のこの告知には当然のように中国のボカロファンやボカロPが怒りの声をあげているようです。

 

▼そして更に火に油を注いだ告知がこれ


来自:weibo @小冰

小冰のデモとして公開するカバー曲の告知なのですが、これがどれも洛天依の人気曲。
しかも为了你唱下去は洛天依の生誕記念ソングです。

「お前ボカロdisっといて洛天依で宣伝する気かよ!」
と更に非難の声が集まる事態

 

▼中国ボカロ星尘を開発している平行四界も怒りのコメント


来自:weibo @平行四界Quadimension  

「平行四界の全ての版権楽曲を小冰に歌わせることを禁止します」

 

ボカロPによる小冰とのコラボ拒否の流れが広がりつつあるなか、流石に小冰運営も不味いと思ったのか昨日謝罪文が発表されました。

▼小冰の謝罪発表

来自:weibo @小冰

長いのでざっくりですが、まずは謝罪表明。
そして、ボーカロイドの”先輩たち”やボカロPと共に今後もより良い関係で発展していきたいといったことが、やや気を遣いながら書かれています。
また一旦ソフトの公開は中止するけれども開発は続け、更によりよくなった先進的なソフトウェアを使ってもらえれば、自然な歌声が簡単な操作で作り出せることはみんなにも理解してもえるはずで、決して皆さんが愛するボーカロイドをdisりたかったわけじゃないといったことが説明されています。

これで微软小冰が許されたのかどうかはよく分かりませんが、とりあえず今後も微软小冰のことは少し気にしておこうかと思います。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • ボカロは楽器だと理解出来てないようだね
    例えるなら、それらしい曲を作ってくれる自動作曲ツールが出来たからもうピアノは必要無いよ!
    そんな訳がない

  • 微(マイクロ)、软(軟、ソフト)でマイクロソフトの直訳ですね。
    微软小冰のプレゼンでは思いっきり初音ミクを引き合いに出していたので、ボーカロイドへの対抗心は実際にありそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。