日中合作による河森正治監督新作アニメ「重神機パンドーラ(重神機潘多拉)」正式発表

以前から「THE NEXT」のプロジェクト名で告知されていた河森正治監督の新作アニメ「重神機パンドーラ(重神机潘多拉)」が正式発表となりました。

▼「重神機パンドーラ(重神机潘多拉)」PV

 

bilibili【4月】重神机潘多拉PV1

 

▼告知画像

来自:https://skyloong.net

 


来自:https://skyloong.net

この作品は中国厦門の海天雲龍(skyloong)が出資し、マクロスシリーズを制作している株式会社サテライトが制作をする日中合作アニメとなっています。
キャラクターの衣装や都市名(翔龍)も中国風なので、やはり舞台は中国モデルみたいですね。ティザーサイトの画像だと重慶の都市がモデルになってるっぽい?
翔龍クライシスという大事故によって荒廃した未来の世界のお話。

 

▼主要キャラクター

レオン・ラウ(刘雷昂)

翔龍クライシスを引き起こした主要人物の天才科学者。MOEVという変形ロボットを操縦して戦う。
もっさりお兄さん。

 


クロエ・ラウ(刘可依)

翔龍クライシスの生存者。レオンとは血縁関係は無いが、家族契約によって本当の兄妹のように生活している。
元気少女。

 


この作品は「家族契約」というものがキーワードになっているようですね。
日本のサイトにはあまり説明がありませんでしたが、「家族契約」というのは翔龍クライシスによって壊滅的な損害を受けた人類が、生き残った孤児たちを生存させ人口の減少を食い止めるために作り出した政策だそうです。レオンとクロエはこの家族契約によって家族として一緒に暮らしています。
ちなみにレオンとクロエの間には本来の契約以外に独自の108条の条約が結ばれているそうです。

 

また楽しみにしておきます。

 

▼日本公式サイト

 

▼中国公式サイト

 

 

 

(おまけ)

もーゔ

スポンサーリンク

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。