「アズールレーン(碧藍航線)」の日本艦が動物化・獣耳が生えている中国的な理由

最近中国のゲーム規制の話でアズールレーンの話題もよく見かけるのですが、意外とアズールレーンの日本艦が動物化して獣耳が生えている理由について説明されている記事が無いようなので、中国艦船ゲームの歴史的経緯を踏まえて少し書いておきます。

日本ではアズレンの動物化や獣耳は規制逃れのためと理解されている人が多いようですが、アズールレーンスタッフのインタビューでも「影響はあるが規制だけの理由ではない」といった回答をしている通り、何か規制以外にも要因があるようです。

「中国版艦これ」話題のゲーム会社に聞く

たとえば艦船「愛宕」の名前は「犬」になっていますね。ただ規制があるというだけで名前を「犬」にしているとか、キャラクターにけもの耳をつけているとは言いきれないのですが、影響があるというのは否定できません。

特にこのスタッフインタビューの中で、動物化の例としてまず愛宕が犬であることを挙げている点は重要なポイントかと思います。
それらを踏まえて中国艦船ゲームの流れを紹介しておきます。

 

中国海戦ゲームで最初に動物名を付けたのは「戦艦世界」

戦艦世界(战舰世界)は「World of Warships(WoWs)」の中国版です。
他のマイナーゲームでもあったかもしれませんが、有名どころではこの戦艦世界が一番最初じゃないかと思います。

戦艦世界はサービス開始当初(2015年10月頃)に大胆にも艦これブームに乗ってオリジナル艦娘イラストの募集を行いました。

▼過去関連記事

中国版「World of Warships(戦艦世界)」がなんとオフィシャル艦娘を募集中!・・・っていいのかそれ

思いっきり艦これの画像が使われてますね。
募集していた擬人化艦はアイオワ、レキシントン、デモイン、大鳳、大和、島風で、割と日本艦多めだったのですが、この艦娘デザインをなんと・・・

韓国アイドルグループT-ARAにコスプレさせるという、傍から見ても暴挙
そもそも島風そのまんまで大和も傘持ってるし



上記の画像を見ても分かる通り、この時点では日本艦名の規制は無かったのですが、流石にこれが問題視されたのかこの直後に戦艦世界は規制を受けて日本艦名を改名することになります。
戦艦世界が付けた規制対応のための名前は、大和が「鲸(クジラ)」、愛宕が「犬」、島風が「芒(すすき)」、大鳳が「鹩(ムクドリ)」といったように、戦艦が海洋生物、巡洋艦が陸上生物、駆逐艦が植物、空母が鳥系で艦種によってある程度分類された、それとなく分かる一文字が割り当てられています。

戦艦世界の公式サイト日本艦名一覧はこちら

「凤(鳳凰)」や「龙(龍)」のように伝説上のかっこいい生物の名前として文字が残されている艦もあるとおり、少なくとも日本艦を貶めるために付けられた名前ではないことは分かると思います。
この時点では動物というよりも、「日本艦が動植物水族館状態の変な名前になったぞ」なんて言われていました。

 

戦艦世界のネーミングルールを踏襲した「戦艦少女R」


来自:weibo @战舰少女R

中国でいち早く成功を収めた艦娘ゲーム「戦艦少女R(戦艦少女)」。
サービス開始自体は「戦艦世界」よりも早く、2014年9月からサービスを行っています。

▼過去関連記事

「戦艦少女」 中国版パクリ艦これの真打ちが遂にサービス開始!したのでプレイしてみた

▼サービス開始当初の深雪

サービス開始当初から1年以上正しい日本艦名で運営されていたのですが、戦艦世界が規制を受けた数か月後の2016年2月頃、突如として日本艦名が変更になりました。

まあ時期的に言えば思いっきり戦艦世界のとばっちりです。
規制後のネーミングルールについては概ね戦艦世界を踏襲しており、扶桑が「魟(アカエイ)」、古鷹が「狼」、吹雪が「桐」、翔鶴が「鹤(ツル)」といったように、戦艦=海洋生物、巡洋艦=陸上生物、駆逐艦=植物、空母=鳥系のルールが基本的に守られています。

しかし戦艦少女はすでに長くサービスしており艦名にも愛着があるプレイヤーも多かったためか、これはかなりインパクトのある事件として大きな話題になりました。
そのため当初は動植物水族館と呼ばれていたものが徐々に「動物園パッチ」「幻萌動物園(幻萌は開発元企業)」「動物園回避」といった言葉で頻繁に話題にのぼるようになり、実際には植物名も多いのですが簡略化した「動物園」という言葉が独り歩きして、「日本艦隊=動物園」がある種ネタ化していきました。

 

動物園をゲームのネタに取り込んだ「碧藍航線(アズールレーン)」

碧藍航線は戦艦世界や戦艦少女Rが日本艦名規制された1年以上後の2017年5月からサービス開始されたゲーム。
当然開発時点から名称規制がかかることは分かっているので、サービス開始当初から日本艦名は変更されています。碧藍航線のネーミングルールも概ね戦艦世界や戦艦少女Rを踏襲して伊勢が「鳌(大亀)」、夕張が「狐」、不知火が「蒲(植物のカバ)」、赤城が「凰(鳳凰)」というように、戦艦=海洋生物、巡洋艦=陸上生物、駆逐艦=植物、空母=鳥系のルールとなっています。

戦艦世界からの動植物水族館のルールになってはいるのですが、何故か日本艦には全て獣耳が付いています

名前は「凰(鳳凰)」だけどデザインは赤ギツネな赤城。

名前は「鲼(エイ)」だけどデザインは概ね猫娘な山城

つまり規制ネームキャラクターの動物化については実は直接的な関係は無いんですよね。

戦艦少女からの流れを知っていると分かりやすいかと思いますが、獣耳は規制の直接的な影響ではなく戦艦少女の頃から構築された「日本艦隊=動物園」というネタを予めゲームデザインに組み込んでいると理解出来ると思います。

 

ここで参考までに戦艦世界、戦艦少女R、アズールレーンの日本艦名を一覧にしておきます。(全部じゃないです)

  日本艦名 戦艦世界 戦艦少女R アズールレーン
【戦艦】        
  大和 鲸(クジラ)    
  長門 鲨(ハゼ) 鲨(ハゼ)  
  扶桑 魟(アカエイ) 魟(アカエイ) 魟(アカエイ)
  山城   鲼(トビエイ) 鲼(トビエイ)
  伊勢   鳌(大亀) 鳌(大亀)
  日向   螯(ザリガニ) 螯(ザリガニ)
【巡洋艦】        
  高雄   獒(マスチフ) 獒(マスチフ)
  愛宕 犬(犬) 犬(犬) 犬(犬)
  摩耶   犮(犬) 犮(犬)
  天龍 豺(ジャッカル) 豺(ジャッカル)  
  五十鈴   貉(ムジナ) 貉(ムジナ)
  古鷹 狼(オオカミ) 狼(オオカミ) 狼(オオカミ)
  加古   狌(イタチ) 狌(イタチ)
  青葉 犹(犬) 犹(犬) 犹(犬)
  衣笠   猅(犬) 猅(犬)
  夕張
【駆逐艦】        
  吹雪
    枫(カエデ) 枫(カエデ)
    栀(クチナシ)  
    梓(あずさ) 梓(あずさ)
   
  綾波  
  敷波   柿(カキ)  
  陽炎
  不知火   蒲(かば) 蒲(かば)
  黒潮   蓉(フヨウ) 蓉(フヨウ)
  睦月
  雪風   莲(ハス)  
  島風 芒(ススキ) 芒(ススキ)  
【空母】        
  赤城   凰(鳳凰) 凰(鳳凰)
  加賀   鸾(鳳凰) 鸾(鳳凰)
  祥鳳   凤(鳳凰) 鹞(ハイタカ)
  瑞鳳   鹞(ハイタカ)  
  大鳳 鹩(ムクドリ) 鹩(ムクドリ)  
  龍驤 枭(フクロウ) 枭(フクロウ)  
  瑞鶴 鹤(ツル) 鹬(シギ) 鹤(ツル)
  翔鶴   鹤(ツル) 鹬(シギ)
  飛龍 龙(龍) 鸴(ウソ) 龙(龍)
  蒼龍   鸷(猛禽) 蛟(みずち)
  鳳翔 凤(鳳凰) 鹏(おおとり) 凤(鳳凰)

 

規制ネームについては元の文字を残していたり、艦の特徴に近い文字を割り当てたりと、極力それとなく分かるような文字が当てられていることが分かると思います。(夕張とかは夕張→北海道→狐の連想?)

あまり関連が無さそうな文字が付けられている艦もありますが、ここでは戦艦世界の頃から一貫して「犬」と名付けられている「愛宕」に注目したいと思います。
実は愛宕は規制の影響でたまたま犬になったわけではなく、規制のだいぶ前から中国では愛宕=犬の認識があったようです。

それは何故かというと・・・

規制以前から中国に存在していた愛宕=犬の認識

実は中国では艦これブーム初期から愛宕は「爱大狗」の愛称で親しまれているようです。
「爱大狗」は中国語の発音で、(ài dà gǒu/アイターゴウ)。
日本語の「atago」の発音に中国の漢字を当てた当て字なのですが、意味は「大型犬が大好き」になり、単に「大狗(大型犬)」と呼ばれることもあるようです。

これは今確認出来るなかでも2014年1月には既に中国ネット上でこの愛称が使われています。

▼百度掲示板の艦これ重巡洋艦運用指南スレ

 

つまり規制とは全く関係なく、元々愛宕は中国の艦これファンから犬の愛称で親しまれていたわけです

▼艦これに精通している戦艦世界運営もこんなキャンペーンを実施していました

来自:http://www.37kf.com/gonglue/681/14076.html

母亲节(母の日)に爱大狗(愛宕)キャンペーンを開催する告知。
愛宕を取り巻く様々なネタを知らないと理解出来ないこのキャンペーンですが、ママ扱いされる愛宕のネタと、犬と呼ばれる愛宕のネタをミックスした驚異のキャンペーンです(笑)

戦艦世界が愛宕に犬の文字を割り当て、後発組もそれを踏襲したのはとても自然な流れだったわけですね。
つまりこれらを総合した中国での愛宕のイメージというのは

「ママのように甘えさせてくれる大きな犬」

そしてそれを具現化したのが・・・

正にアズールレーンの愛宕(犬)と言えるんじゃないでしょうか。
どう考えても最高

まとめ

ざっくり流れをまとめておくとこんな感じかと思います

・規制以前から中国の艦これファンからは愛宕=犬と認識されていた
・艦これ推しな戦艦世界が日本艦規制された際に、愛宕に犬の文字を当てて巡洋艦動物化
・戦艦少女が命名ルールを踏襲したところ、日本艦隊=動物園がネタになった
・アズールレーンが日本艦隊=動物園をキャラデザのネタにしてケモ耳化

この流れを踏まえると、最初にも書いたこのスタッフインタビューで「愛宕=犬」が動物化の代表例に挙げられていることや、規制だけでけもの耳を付けているわけではないという言葉の意味もすんなり理解できるんじゃないかと思います。

たとえば艦船「愛宕」の名前は「犬」になっていますね。ただ規制があるというだけで名前を「犬」にしているとか、キャラクターにけもの耳をつけているとは言いきれないのですが、影響があるというのは否定できません。

 

 

 

 

 

 

 

(おまけ)

戦艦世界のこのMVはやっぱり面白すぎる
これが世界的に有名な海戦ゲームの公式MV

スポンサーリンク

15 件のコメント

  • いやいや反日なんだし日本人は自分達に劣る畜生って意味でしょ
    日本艦は害獣で原爆で殺処分するのが目的の反日ゲーム

    • 本文にも書きましたが、そうであれば少なくとも中国で尊ばれる龍や凰なんて文字は残さないとは思いますね。

  • ・日本艦以外にも獣耳キャラは多数いる
    ・原爆はゲーム中に出てこない
    ・戦うのは殺すことが目的ではなく仲間にするため(よくあるバトル漫画システム)
    ・日本艦=すべて敵ではなく仲間の日本艦も普通に存在する

    普通にプレイしていれば解ることばかりですが…
    あと既存のシナリオ(日本艦と戦う物語)を書いたシナリオライターは解雇済みのようです

    • 中国のサブカル背景がよくまとめられていて勉強になりました。
      上でよくゲームも触らずに頭の中の妄想で批判している可哀想な人が居ますが、温かい目で見守ってくださいな。

  • 知識不足で申し訳ないのですがその規制とはどういうものですか?
    日本艦限定で規制されていたんですか?

    • 具体的な内容は私も詳しくは知らないのですが、戦艦少女が名称変更を行った際には国家の法律法規に則って変更することになったと説明されています。日本艦限定ですね。
      中国では旧日本軍賛美に繋がるような表現は度々取り締まりが行われています。

  • 日本とドイツはセイレーン寄りの陣営だったし日本艦は鬼とか獣から力を借りているってどこかで聞いたことがある

  • 艦名を変えれば問題なしというのも不思議なら、変えられても問題なくプレイしているというのも不思議。
    それはさておき、旧日本海軍の駆逐艦の艦名の中には植物名を採用したものもあり、その中でも「桐」、「楓」、「柏」、「柿」、「萩」、「松」、「蓮」、「薄」の各艦が中国の変更名と重複しています。(「蓉」も「芙蓉」と実質同名かな)規制側もそこまで調べていなかったのでしょうが仕事が粗い(苦笑)。マニアからすれば「大和」が「三笠」に変わるように全く別の船になったとも解釈できるわけで(しかも多くの場合性能が低い艦にチェンジ)ガッカリした人もいるかもしれませんね。ゲームの運営者は実在艦名と知っていて変更したのかも気になります。
    また名前が重複している船はゲームに登場できないと考えられるので松型駆逐艦(「松」、「桐」、「楓」、「柿」、「萩」・・・未完成艦の予定艦名には「梓」、「柏」、「薄」もあったとのこと)が好きな人もやっぱりガッカリですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。