中国のアニメスタジオ「上海震雷」のMAD動画に意外な映像が・・・ 【鋼鉄少女・少女兵器】

中国のアニメスタジオ「上海震雷动画(元・七霊石)」の2015年MAD動画なるものが公開されていました。
震雷动画のアニメはいつもチェックしてるし別にいいかなぁと思いつつも念のため見てみたら、なんと意外過ぎる映像が・・・。

▼2015年上海震雷动画作品MAD

暂时无法播放,可回源网站播放

※Androidの方はここをクリック

 

 

ai35_2016010123515282a.jpg
この映像は「昨日青空」ですね。
「昨日青空」は昨年はフランスでコミックが発売されたりしていたようです。
今後も何か展開があるのだろうか。
中国のアニメスタジオ・七霊石が制作中のアニメ「昨日青空」 サンプルムービー公開

 

ai16_20160101235155381.jpg
これはテンセントのアニメPVコンテスト参加作品の「烧烤兄弟」
テンセントのコンテスト参加作品は入賞作以外もどんどん本編アニメ化の話が出ているので、これももしかしたら?
珍しい中国のお料理バトルアニメ「烧烤兄弟」 【テンセントの第二回アニメ化PV祭】

 

ai15_20160101235156d8b.jpg
こちらは「红领巾与王小明」
「红领巾与王小明」は結構面白かったんですが、続きは作られないのかなぁ。
中国の新作WEBアニメ「紅領巾与王小明」がなんだか凄い【史上最強小学生】

 

ai18_201601012351541e9.jpg
こちらは人気ゲームシリーズ「仙剑奇侠传」のアニメ
中華圏の人気オンラインゲーム「仙剣奇侠伝6」 アニメーションPV

 

なんだか以前は見覚えない映像も含まれていると思ったら、これはPV用だけではなくゲーム中のイベントでも流れるアニメだったんですね。

 

ここまでは見覚えがある映像だったのですが、何やらチラホラ初めて見る映像が・・・

ai21_20160102000839742.jpgai32_20160102000837b79.jpg
初めて見る映像なのにどこかで見覚えがあるキャラクター
こ、これは・・・

 

ai24_201601020016558db.jpgai27_201601020016541f2.jpg
少女兵器と鋼鉄少女のキャラクターじゃないか!!
左は零戦の鈴世で、右は赤城。

 

▼少女兵器カードゲームの鈴世イラスト
ai34_20160102001940fff.jpg
来自:http://www.kokusaig.co.jp/GAW/
少女兵器の日本でのオンラインゲームサービス「少女兵器WEB」はすでに終了しているみたいですが、
台湾ではスマホ版なんかも出ていたようです。(まだサービス継続中かは不明)

 

▼このフッドの構図にも見覚えが
ai28_2016010200212262a.jpg

★☆美圖★☆ ♪ 《鋼鐵少女》動畫化設定稿第五波!之前公開的幾波動畫設分鏡中,我女帝聯合的胡德女王被認為是個總受,但是從這次公開的畫面來看,似乎不是這麼一回事!拿著石中劍劃開大海的英姿不由得讓人想高喊「フッド女王様~~~♥」!不過從畫面上來看,胡德女王似乎劈開了不得了的東西…….

Posted by 鋼鐵少女委員會 on 2015年11月9日

鋼鉄少女は確かに以前からアニメを作っているという話が出ていて、公式が原画をいくつか公開していたんですよね。
しかしまさか上海震雷动画が制作していたとは。

 

▼過去関連記事
台湾の元祖艦娘こと「鋼鐵少女(Battleship Girl -鋼鉄少女-)」が遂にゲーム化!
ai31_201601020037560de.jpgai30_20160102003758cde.jpg
少女兵器のキャラクターと鋼鉄少女のキャラクターが入り乱れているようですが、もともと共通設定なのかな。
あまり鋼鉄少女も詳しくはないのでよく知りませんが。

 

▼列車砲ドーラ
ai20_20160102004228332.jpg


鋼鉄少女のゲームのほうも声優陣が発表されたりと進展があるようなので、
また今後の展開を楽しみにしておきます。

 

 

(おまけ)

▼こういう構図が好きなあたり震雷动画らしい(笑)
ai29_20160102004921aa2.jpg

 

▼「红领巾与王小明」でのそういう構図
ai36_201601020049551b3.jpg

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 中国のネットアニメってどういう感じで利益を得てるんでしょうね
    DVDとか売ってるイメージあんまりないけど、ネットの再生数とかで
    回収してるんですかね(*’ω’*)

  • DVDなどのメディア販売はほぼ行われていませんね。
    動画再生の広告費でも結構な額にはなるそうですが利益を得る手段は他にも様々なようで、
    「最終的にゲーム化を目標にしたゲームの宣伝」「グッズ販売で回収」「動画サイトがユーザー獲得のために出資」
    最近ネットアニメに力を入れているテンセントはゲームで大きくなった企業なので、ゲーム業界から資金が流れてきている部分が大きいんじゃないかと思います。

  • 返信ありがとうございました(*’ω’*)
    やはりDVD販売ではなく、動画再生やその他の方法で回収してる感じなんですね。
    今年も中国のネットアニメは数多く作られると思うので、楽しみに待ちたいと思います。更新、いつも楽しみにしています。敬具

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。