中国テンセントの新作長期WEBアニメ 「狐妖小紅娘」 配信が開始されました

bz87_20150628223037f2e.jpg
中国テンセントのWEBコミックアニメ化人気投票で長期WEBアニメ化が決定した「狐妖小红娘」。
早速配信が開始されました。



▼「狐妖小红娘」第一話(コメントは右下のふきだしボタンで消せます)

hu_yao_xiao_hong_niang_.jpg
この「狐妖小红娘」は以前開催されていたテンセントのアニメ化人気投票でトップ人気だった作品です。
私もこの作品が一番見てみたかったので嬉しい。
▼過去関連記事
テンセントによる第二回アニメ化PV祭のトーナメント対決開始 「狐妖小紅娘」「超遊世界」ほか
▼オープニング
ca11.jpg
バリバリの中国古風音楽でくるかと思いましたが、意外とポップミュージック。
というか物語の舞台も現代だったのか。
▼とりあえず登場人物
ca13.jpg
最初に登場するこのセクシー妖狐お姉さんは「涂山雅雅(tú shān yǎ yǎ/トゥシャン・ヤーヤ)
妖狐一族のボスといった感じでしょうか。
ca12.jpg
こっちの小狐娘は「涂山苏苏(tú shān sū sū/トゥシャン・スース)
雅雅の妹のようですが、妖狐一族は「妖力」「美貌」「智慧」を用いて生き延びてきた種族であるため、どうも妖力も弱い苏苏は出来損ない扱いされているようです。
そんなわけで雅雅からは嫁ぐようにと指示されているようです。(政略結婚?)
ca14.jpg
結婚は嫌なので逃げ出す苏苏。
どうも自分のなりのやり方で一人前の妖狐になろうとしているようです。
ca16.jpg
こちらは主人公らしい「白月初(bái yuèchū/バイ・ユエチュー)
何故か知りませんが極貧生活中で、結婚相手を探しているようです。
ca17.jpg
こっちの男は月初の幼馴染らしい「王富贵(wáng fùguì/ワン・フーグイ)」。
ca18.jpg
月初が女性に近づこうとする度に邪魔をしてくる変な金持ちらしいですが、いや、それってつまり・・・。
ca19.jpg
意外とノリが変なアニメですが、とりあえず暫く見てみようかと思います。
hu_yao_xiao_hong_niang_guan_fang_cos6.png
コスプレが可愛い
(おまけ)
▼「狐妖小红娘」制作秘話動画

bz84_20150628223139f77.jpgbz85_20150628223138e96.jpg
「狐妖小红娘」はもともと「漫画show」というコミック雑誌で連載していたのですが、突然「漫画SHOW」が停刊になってしまったため狐妖小红娘も連載の場所をいったん失っていたようです。路頭に迷っていたところをテンセント動漫に拾われたらしい。
ba20_20150628233756608.jpg
漫画showは私も数冊購入したことがありますが、クオリティの高いコミックが多かった印象があります。
コミック雑誌の中では人気も高かったんじゃないかと思いますが・・・。
▼確かに狐妖小红娘も連載されていました
ba22_2015062823375416d.jpg
▼「もえたん」でお馴染みのPOPさんのコミックなんかも連載されてたんですよね
ba21_201506282337569a4.jpg
▼過去関連記事
「幻獣偵探 水仙&菖蒲」 もえたんでお馴染みのイラストレーター・POPさんの漫画が中国雑誌に掲載されるようです

確かに「漫画show」の停刊は突然のことで未だにはっきりとした理由は良く分かっていませんが、一応その時期にはコミック規制強化が発表されていました。
うーん、漫画SHOWはいいコミック雑誌だったんだけどなぁ。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • ちゃに丸様
    はじめまして!
    先日このアニメの事を知り、OPの "愛you ready 愛我ready" を iTunes で買いたいと思ったのですが見つからず、色々検索しているうちにこちらにたどり着きましたm(_ _)m
    中国のアニメ文化には全く詳しくないのですが (そして中国語も全然分からないのですが)、こういう曲はアニメのためだけに書き下ろされ、別途リリースはされていないものなのでしょうか?
    初めての書き込みでいきなり質問してしまいすみません。何とか購入する手立てはないものでしょうか。。
    (無許可っぽい TV サイズの MP3 はあったのですが、違法なのは絶対嫌で…)

  • そうですね、私も以前からCD化やフル版の正規音源配信をして欲しいと思っているのですが、残念ながら中国のアニメソングが別途音源化されることはほとんどありません。
    フル版音源はたまに作者や関係者からネット配布されることはたまにありますが、その場合も音楽で直接的な利益を得るという考えは薄いようです。
    公式サイドとしてもアニメの宣伝になるならどんどん広めて貰ったほうがいいといった感じであまり煩いことは言わないようなので、あるものを楽しむ感じでいいのかもしれません。

  • こんにちは、早速のご返答ありがとうございます(_ _*)
    そうなんですね~、やはり日本とは考え方が少し違うのですね…
    分かりました、そうした音源を見つけて楽しんでいこうと思います! 本当にありがとうございます!
    これからもちゃに丸様の記事で、いろいろ勉強させて頂こうと思います(*^^*)
    更新を楽しみにしています。

  • 昔の日本でも、けっこう大雑把にやっていたみたいで。今のメディアミックスからは信じられないですが。
    おそらく、まだ中国アニメが始まったばかりなんで、ノウハウとかないだけでしょうが。もったいないです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。