中国漫画原作の新作アニメ映画「ネクストロボ(未来機器城)」 Netflixで間もなく世界配信開始

中国の暴走漫画シリーズが原作となる新作アニメ映画「ネクストロボ(未来机器城)」。
中国での上映が先かと思いきや、なんと先にNetflixで190ヵ国世界配信が始まるようです。

▼日本語版「ネクストロボ」予告映像

 

 

 

 

この子、女の子だったんですね。
以前の映像を見たときにはてっきり男の子だと思ってました・・・。

それにしても、こんなに早く日本語吹き替え版が登場するとは驚きです。
そもそもまだ中国でも上映していないはずですが。

 

ネクストロボは中国では以前に「暴走吧!失忆超人」というタイトルで発表されていた作品で、名前が表している通り「暴走漫画」という中国の人気漫画シリーズの「7723」という作品が原作となっているアニメ映画です。
Netflixが3000万ドルもの大金で世界配信権を獲得したというニュースが以前にも流れていましたが、本当に世界配信しちゃうんですね・・・。

▼過去関連記事

Netflixが中国の暴走アニメ映画「暴走吧!失憶超人(Next Gen)」の世界配信権を3000万ドル(約33億円)で獲得したらしい

 

いやはや、正直なところ最初はてっきりフェイクニュースかと疑ってしまっていました。
だって暴走漫画なんですもの。

 

でも本当に7723なんだよなぁ。なんだか不思議な感じ。

ちなみに制作はカナダのTangentAnimationという3DCGアニメスタジオのようです。
中加合作のアニメ映画ということになるのかな?

▼TangentAnimationのブログ

 

ふむふむ、確かに2年程前から7723の初期デザインのようなイラストも公開されていますね。

 

▼そんでもってこちらは原作の7723漫画

来自:https://static.oss.chuangyejia.vip/share/2018/0514/3658432.shtml

いや、本当に暴走漫画ってこういうのですよ。
予告映像とは7723というロボットが登場するという以外の共通点が見つかりません・・・。

 

(一応)原作はあるし配信権購入という話でしたがNetflixオリジナル。
オリジナルの定義がよく分からなくなってきますが、気持ちは分かるかもしれません。

とりあえず配信開始はもう間もなくの9月7日なので、配信が開始されたら私も観てみたいと思います。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。