ラブライブ痛地下鉄が中国内陸の重慶にまさかの進出!しかも堂々と地上を走るの!?

bs85.jpg
来自:weibo @Itasha-痛车联萌
なんですかこの光景は・・・。
あのラブライブ痛地下鉄が、中国内陸部の重慶にまさかの進出をしていたようです。



▼過去関連記事
bs85.jpg
【中国にも痛電が?】 上海にラブライブの痛地下鉄が出現!しかもアレの位置がヤバイ・・・

以前の上海地下鉄はまだ理解は出来るんですよね。
上海とか香港はやはり特別区として内陸部に比べると自由なところは感じますし。
だからこそ上海でだけで、比較的閉鎖された空間の地下だから走ることが出来ていたのだろうと思っていたのですが・・・
▼まさか内陸部でこんなおおっぴらに走るなんて!
005M6Azajw1eqmdmkef0wj30jy0qoacl.jpg
来自:weibo @Itasha-痛车联萌
以前も少し書きましたが、確か中国は公共の場所にアニメキャラ出すのはダメだという話を聞いたことがあるのですが、やはり中国でラブライブ(スクフェス)を運営している盛大の力がそれだけ大きいってことなんでしょうかねぇ。
個人的に割と衝撃が大きい画像です・・・。
005M6Azajw1eqmfak7gr5j30xc0oqjvw.jpg
来自:weibo @Itasha-痛车联萌
ラッピング自体は上海地下鉄と同じイラストのようですね。
bs87.jpg
来自:weibo @ThirGry
内装もばっちりラブライブ一色のようです
bs88.jpg
来自:weibo @重庆西部新城资讯
こちらはラッピング中の様子
bs86.jpg
来自:weibo @ThirGry
このラッピング電車は重慶軌道交通1号線という路線を走っているようで、基本的に地下鉄のはずですが結構地上を走っている画像がちらほら出ています。一部は地上を走っているということなんですかね。
凄いよ
そしてさっそく・・・
005M6Azajw1eqmf9misilj30qo0k0jt7.jpg
来自:weibo @Itasha-痛车联萌
土下座ラブライバー達
どうでもいいですがこの画像は海未の目線とか含めてパーフェクト感が漂います
これはプロ土下ライバー達だなきっと
005M6Azajw1eqmgj3efbaj30hs0nz3zk.jpg
来自:weibo @Itasha-痛车联萌
お姉さんまで思わず土下座・・・
いやはや、中国はどこまで萌え広がってしまうのか
(おまけ)
重慶ラブライブ痛地下鉄に混ざって、杭州の萌え地下鉄画像が出回ってるいたので何だろうと思ったら、なんと杭州地下鉄でもコスプレお姉さんを大量に動員した萌えゲームPRイベントが開催されているらしい。
6ac837e1jw1eqhq7jy3ixj20dc0k0djl.jpgbs85_20150329231946f2c.jpg
これはどうも「梦梦爱三国」というオンラインゲームのPRイベントのようで、コスプレお姉さん達が地下鉄に乗ってPRを行っているイベントのようです。
車内も「梦梦爱三国」のキャラクターでデコレーションされています。
005OF0s0gw1eqk381jvzkj30c8085gn4.jpg
bs87_201503292319496f8.jpgbs86_20150329231947936.jpg
狭い車内の中でこんなコスプレイベントなんて日本ですら出来そうに無いことを、いつの間にか中国はさらっとやってしまうようになってしまったんですね。
どうも杭州は中国でも一番治安がいい地域らしい。なるほどなぁ
▼杭州地下鉄の「梦梦爱三国」の様子

ナレーション、ピカチュウピカチュウ言い過ぎだろ!w
これはその場でゲームを配信してるんですかねぇ。
地下鉄車内でコスプレ女性が男4人に包囲されて繋がっているという、言葉にすると誤解を受けかねない異様な光景です・・・

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 日本の一部マスコミが、華人社会で人気のあるものを
    「アジア全域で大人気」
    とかいうけれども、日本のものがある面で力のある企画もあるのだなと
    思いました。華人社会と日本で持ちつ持たれつなんだなぁ。
    華人社会側も
    俺らで受けても
    日本で受けないものは受けないよとか言っているのを
    誰か忘れたか言っていたのを見たことがあります。

  • 心外です、中国内陸部も随分と差別されましたね。
    成都と重慶は一応、西中国の政治、経済、文化の中心となっている大都市ですが、日本人の方がは東ばかりに目を向ける傾向があって、残念で仕方がないです~
    これをきっかけにご紹介させていただきます。中国のサブカルチャーは主に4つのエリアに分けられて、それぞれに個性があります。
    北:帝都・北京。首都であることもあり、公式及び機構間の提携が多い
    東:魔都・上海。魔性の都という意味で、日本文化が一番浸透している街、リソースもファンの数も非常に多い
    南:妖都・広州。広州は羊都という別名があって、羊から妖に、妖都という名前が生まれた、名前の通り、思い付かない奇妙なものが多い。中国のオリジナル漫画発祥の地であり、香港とのつながりが強いことで、日本アニメ(特に子供向けアニメ)の付き合いがとにかく長い。
    西:腐都・成都。昔から天府の国と呼ばれたことで、府を腐にして、腐都という異名が誕生(成都は同性愛文化に対してオープンで、腐女子の数も非常に多い)。パフォーマンスが得意とする蜀のボイズ&ガールズはCOSPLAYに夢中。IT企業は成都に移行する流れに連れて、成都に拠点を置くゲーム会社も多くなった。

  • 重慶の地下鉄なら数年前にのったことあります。山手線みたいな小綺麗な車両でしたよ。ラッピング電車乗りてー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。