中国アニメスタジオ・緑怪研が80年代オタク魂に捧げるアニメ 「グリーンモンスター・みどり」

中国の(ほぼアニメ研究サークルに近い?)アニメスタジオ「绿怪研」
绿怪研のマスコットキャラ「米多莉(みどり)」のオープニング風アニメが公開されていたのでちょっとメモ書き

▼「绿色怪物·米多莉(グリーンモンスター・みどり)」

 

 

 

 

▼告知画像
bi18_20161011234118ea5.jpg
来自:http://www.gmt-otaku.com/
おっと、やはり光学核心さんの名前が入っています
光学核心さんは「绿怪研」の活動に参加しているみたいですね

▼過去関連記事

中国の個人制作ショートアニメ「高温VS排斥(Heat vs Repulsion)」がめちゃ凄い

 

 

bi11_201610112334248b4.jpg

绿怪研のマスコットキャラ「米多莉(みどり)」

 

bi17_20161011233421298.jpg
変身シーンがかなり危ない
ちなみにこのアニメは、GAINAXの前身となる「DAICON FILM」に感銘を受けて作られた作品のようで、神がかっていた80年代日本アニメのオタク精神を大切にしていきたいとの想いが込められているようです。

▼そんなわけで「Daicon4」

wikipedia DAICON FILM

 

bi19_20161011235224495.jpg
そう言われてみればこのゴテゴテした要塞とか

bi20_201610112352238bd.jpg
ニョキニョキ伸びる木々とか、なんだか80年代っぽい

bi13_20161011235904f5a.jpg
「绿怪研」はなかなかに熱いオタク集団のようですね

 

▼ところで「绿怪研」はすでに数多くのアニメ企画をぶち上げていますが・・・

暂时无法播放,可回源网站播放

※Androidの方はここをクリック

 

▼個人的には「竜騎士(ロンケシー)」を一番楽しみにしています

中国アニメスタジオ緑怪研のアニメ企画PV 「竜騎士」

 

 

bi15_20161011235732c2a.jpg
お!?

bi14.jpg
来るのか!!

スポンサーリンク

1 個のコメント

  •  アジアのみならず海外では、80年代の日本文化・アニメ文化をフィーチャーしたジャンルがいくつかありますが(音楽だとFuture Funkなど)、やっぱり海外ではあの頃の作品は日本のアニメ入門として今なお多くの人が触れていたりするからなんでしょうかね。
     日本だとだんだんマニアック度が増して来ていますがw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。