中国伝媒大学の学生制作アニメ「識途」が美しく壮絶

中国传媒大学の学生による卒業制作アニメ「识途」
美しくて壮絶な作品です

解像度が高い作品なのでフルスクリーンで見たほうがいいかもしれません

▼「识途」

※表示されない場合はここをクリック

 

 

 

 

 

 

▼ポスター画像


来自:https://www.sohu.com/a/145546317_292495

 

 

 

口紅を塗り、慶事を象徴する赤い着物を身に纏う女性。

 

そして何かを出迎えるように城外に姿を現す女性たち。

 

待っているのは馬に乗って戦へと赴いていった夫の帰還。

靄の中から微かに馬の姿が見え、期待感からか目を見開く女でしたが・・・

 

姿を現したのは傷を負った馬のみ

 

主を乗せていない馬が姿を現す毎に、祝いの色である赤の着物を脱ぎ捨てる女たち。
赤装束から白装束、期待から絶望へと変化するこのアニメーションと、更にこの激しく乱れるBGMが女たちの内心で湧き上がる壮絶な絶望感を表しているようで、初めてこの作品を見たときにはゾクっときてしまいました。

ちなみにタイトルの「識途」というのは「道を知る」という意味なのですが、どうもこれは中国の「識途老馬(老いた馬は道をよく知る)」ということわざから来ているようです。
つまり主がいなくなっても、馬たちは帰路を知っていたということなんですね。

 

また、この作品の制作協力スタジオがちょっと面白いのですが、早速「中传合道」の名前が出ているのは中国传媒大学関連だから良いとして、なんとここに劇場版アニメ「大護法」を制作していた「好传动画(Nice Boat Animation)」の名前が出ています。いやぁ、中国の卒業制作アニメはプロアニメーターやプロ声優が制作協力しているのを度々見かけますが、やはり中国传媒大学ともなると影響力も大きそうです。

ただ、話によると好传动画はちょうど「大護法」の追い込み時期だったらしく、途中で制作に参加出来なくなってこの「識途」の完成にもかなり影響があったようです。何気に「大護法」と「識途」は因縁のある作品なんですね・・・。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。