中国の人気BL系アニメ「霊契(スピリットパクト)」がなんと日本でも放送されるようです

bj58_20161217121604abe.jpg
そういうパターンもあるのか!
中国で既に配信中の人気WEBアニメ「灵契(霊契)」が「スピリットパクト」というタイトルで日本でも放送されるそうです。



▼公式ツイッターの告知


▼「灵契(スピリットパクト)」日本版PV


前々から中国事情的におおっぴらにBL物とか言っちゃいけないのかなぁとか思ってましたが、
公式でも言ってるのでそこは別に構わないみたいですね(笑)
bj57_20161217121605f66.jpg
日本向けPVにもテンセントマスコットこと「QQ娘」のアイキャッチアニメが使われるようになったんですね。
▼スタッフリスト
bj59_201612171235563a9.jpg
ふむふむ、やはり韓国にも絵梦の子会社があるのか。
今まで日本で放送されたテンセント系アニメは日中同時展開でしたが、すでに中国で配信されている作品の日本語版が放送されているというパターンもありえるんですね。
「狐妖小红娘」が日本で放送される可能性もあるんだろうか。
▼過去関連記事
中国テンセントの新作WEBアニメ「霊契」 正式PV公開
bj59_201612171235563a9.jpg

「灵契」は中国のネットでかなり盛り上がっていて面白そうなことになっていたので、エピソードも少し紹介しようかと思っていたのですが書かなくてよかった。
日本で展開する作品のエピソードを先に紹介してしまうのは良くないですよね。
▼ちなみにこちらは中国版「灵契」のアフレコ風景

声優もアフレコで照れてしまうアニメ
楽しそうで何より(笑)
山新はもう演技指導をする立場になってるんですね。
(おまけ)
そういえば絵梦(ハオライナーズ)絡みの作品で「喧嘩番長 乙女」という作品のアニメ化も発表されました。


▼中国での告知画像
bj60_2016121712592764d.jpg
来自:weibo @绘梦动画
bj61_2016121712592500c.jpg
小さいですが下部に絵梦のロゴが入ってますね。
クレジットを見てもいつもの絵梦スタッフは関わっていないような感じだったので不思議だったのですが、どうも「喧嘩番長 乙女」は絵梦としては初の制作委員会への参加作品ということのようです。
絵梦企画による日本IPアニメ化ってことなんですかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。