メガヒットアニメ「哪吒之魔童降世」に続く封神シリーズ中国アニメ映画『姜子牙』予告映像

今年メガヒットとなった中国アニメ映画「哪吒之魔童降世」に続く光线彩条屋の封神シリーズとして期待される中国アニメ映画「姜子牙」。
いよいよ予告映像公開となったのでちょっとメモ書き。

▼姜子牙

※表示されない場合はここをクリック

 

 

▼告知画像

来自:weibo @电影姜子牙

姜子牙は以前は「哪吒之魔童降世」に続く封神三部作の一つとされていましたが、三部作の三部作目とされていた映画「鳳凰」は微妙に無かったことになったのか、最近は単に封神シリーズや中国神話シリーズと呼ばれているみたいです。
ちなみに姜子牙は日本で馴染みのある呼び方でいうところの「太公望」のことです。

そんなわけで主人公の姜子牙(太公望)。

 


全編3DCGアニメかと思いきや、一部作画も使われているようですね。(この妖狐は妲己?)
優れた作画スタッフを抱えるアニメスタジオ「北京中传合道」も本作の制作に関わっており、作画アニメパートも大変美しい。

というか、そもそもを辿ればこの「姜子牙」は作画アニメ映画として企画されていたものだったんですよね。

▼過去関連記事

期待の中国アニメ映画 「我的師父姜子牙」 の予告映像が正式公開されました

時代の流れか、いつの間にか3DCGアニメ企画になってしまいました。
これはこれで見たかったのですが・・・。

ちなみに監督陣は複数名が連名となっているようですが、その中でも主要監督とされているのが「程腾」さん。
この「程腾」さんは以前に「Higher Sky」という作品を公開していた中国传媒大学の卒業生の方です。

▼「Higher Sky」

中国伝媒大学卒業生によるショートアニメ作品「Higher Sky」

監督陣の中に名を連ねるもう一人の人物は、この「如果我是英雄 Once a Hero」を制作したこれまた中国传媒大学の卒業生の「李夏」さん。

▼「如果我是英雄 Once a Hero」

中国伝媒大学の卒業生によるショートアニメ作品「如果我是英雄 Once a Hero」

 

そしてなんと、この二人は中国传媒大学在籍時に合作で卒業制作アニメ「紅領巾侠 (THE RED)」を制作しているんですよね。

▼「紅領巾侠 (THE RED)」

中国の学生制作アニメ 「紅領巾侠 (THE RED)」

 


約10年を経て再び共同制作したアニメ作品を発表するという、なかなか熱い背景もある中国アニメ映画「姜子牙」。
どんな作品になるのかまた期待しておきましょう。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 森 和正 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.