中国の魔法少女アニメ「巴啦啦小魔仙之梦幻旋律」 本編映像の一部とトレイラー映像など

bm89.jpg
最近気になって仕方が無い「巴啦啦小魔仙之梦幻旋律」。
ちょっぴりですが本編映像が公開されていたのでちょっぴり書いておきます。



第1話「女王的梦」の冒頭映像
bm91.jpgbm90.jpg
新キャラ?
bm94.jpg
昨今の巴啦啦小魔仙は大変百合百合しい
ちょっぴりトレイラー映像
bm89.jpg
トレイラーで魔仙女王がハッとしていますが、
もしかしてこのキャラって魔仙女王の若い頃の姿なのかな?
あとは巴啦啦の公式チャンネルが「巴啦啦小魔仙の進化を見よ!」と言わんばかりに立て続けにアニメシリーズのトレイラー映像を公開していたので紹介しておきます。
▼アニメ版第一作目「巴啦啦小魔仙之彩虹心石」 トレイラー


もっさりもさもさ衣装と小千が魅力の一作目。
アニメーションは流石にアレですが、キャラクターは味のある可愛さなのでこれはこれで
▼アニメ版第二作目「巴啦啦小魔仙之奇迹舞步」 トレイラー

新キャラの贝贝が大変可愛い二作目
二作目のときもアニメーションはだいぶ良くなったなぁとは思っていたのですが・・・
▼アニメ版第三作目「巴啦啦小魔仙之梦幻旋律」 トレイラー

やっぱり別物だ!
小蓝姉さんの変身モーションが素敵過ぎます。
新しい主題歌もいいなぁ。
これだけ立て続けに映像が出てきているので、やっぱりもう今月に始まりそうな感じですね。
楽しみ。
(おまけ)
▼エンディング画像
bm92.jpg
来自:weibo @漫娱资讯社长
一応前作のマスコットキャラもいるようです。

スポンサーリンク

9 件のコメント

  • 日本アニメの良さを取り入れていく成長するアニメなんですか
    WINX‐CLUBは日本では無名ですが、イタリアでは人気みたいで。遊園地レインボーマジカルランドでWINX‐CLUBのキャラクターショー(着ぐるみでなくダンサーが扮装)で楽しそう
     プリキュアではなくセーラームーンからの影響なんだそうで、その頃にセーラームーンが子供に有害だという(自称文化人の)論陣があったという。
    (フランスでアニメ化された)WITCHもイタリアのコミック。
    WITCHは小説版があったので読めるかも
    いや、マリオン・レイブンの曲を見ようとしたら、このアニメのオープニングがでるので

  • >落っこちた紫ツインテの女の子が敵になるのかな?
    確かになりそうな雰囲気がありますよね。
    >やはり視美動画。クオリティが怖いですね
    視美動画は凄いです
    >(フランスでアニメ化された)WITCHもイタリアのコミック。
    WITCHはアニメ版は見たことないのですが、コミック版は私も好きでたまに読んでました。コミック版は絵が可愛いんですよね。

  • >コミック版は私も好きでたまに読んでました。コミック版は絵が可愛いんですよね。
    お恥ずかしながら。最初、アメリカのコミックかと思っていました。登場人物(ウィル、イルマ、黒人?のタラニー、コーネリア、中国系のハイリン)の名や人種。学校の名がシェフィールド学院というので。
    YouTubeで見ると。変身シーンがあっさりしていたり、家族や学校内の事に悩んだり、恋愛が出てきたり、日本のプリキュアとは違うのがわかります。
    「巴啦啦小魔仙」が、香港の作品、現地のマンガの「超神Z」で超神=日本のマンガたちを超える、というのもこういう事なんだ。次はどこまで向上するかな?

  • ちゃんと自分達で作ってるのが伝わってくると嬉しいなあ。
    間違いなく影響は受けてるけど、これは「パクリ」じゃないですね。
    中国のものなんですね? いつか中国の名作アニメを日本で見られるといいな!

  • そうですねぇ、影響は当然受けていると思いますが、ストーリーやキャラ設定は独特の部分(指導役のお姉さん魔法使いと、新米魔法使いの関係とか)もあってパクリと言えるようなものではないと思います。
    魔女っ子戦隊的な部分がパクリだとしたら、「プリキュア」だって「パステリオン」のパクリになってしまいますし(笑
    ただし、今回の三作目ではアニメーションのトレスが見受けられるのは事実ですね。
    そこは残念なところです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。