中国アニメ「剣王朝」の中国版EDテーマ「悠悠」 歌詞と日本語訳

日本でも放送が始まっている中国爱奇芸のアニメ「剣王朝」。
中国版のEDテーマ「悠悠」が好きなので歌詞と日本語訳などを書いてみます。

▼「剣王朝」中国版のEDテーマ「悠悠」

 

 

 

 

 

曲名:悠悠
作詞作曲:小旭PRO

若长相思无解药
谁贴近前生祷告
思い焦がれる時間が長ければ 治す薬など無くなり
前世へと寄り添い祈るのは誰だろう

梅边雪辞别年少
凤尾花开出繁茂
梅の木に積もる雪が 少年時代に別れを告げ
鳳尾花が生い茂る

天边星 俯首笑意桀骜
吹开的心事过早
天の星は傲慢な笑みを浮かべ
心中の想いは瞬く間に吹かれていく

枕边雨下的太过玄妙
眼角的回忆昭昭
枕元に落ちた雨は深遠で捉え難く
目頭に浮かぶ追憶は鮮明で

江心雾 隐去相遇缥缈
徒留宣纸上狂草
川にかかる霧は出逢いを縹緲と薄れさせ
ただ画仙紙の上に狂草を残すのみ

舟楫摇 摇过月圆花好
世上情一场喧嚣
船は揺れ 美しい花と満月に波風が立ち
世間は騒がしく移り行く

回眸看来路一念化尘土
为谁长跪天与地模糊
来た道を振り返ればこの信念は塵と化す
誰の為に跪くのか 輪郭のぼやけたこの天と地

他年晓风残照 酒醒在何处
已无人为我起舞
昔日の朝風と夕日 酔いから醒め、今どこにいるのだろう
もはや私の為に舞うものなどいない

这一梦太长 六神都无主
花间萧对月 旧岁却难除
この夢はあまりにも長く 心は既にここにあらず
花々の間から寂しく月を眺め 歳月が巡っても取り去り難い

待肩上蝶飞走 覆水亦难收
雪化时春意悠悠
肩にとまる蝶が飛び去るのを待てど 覆水が返ることはなく
雪どけの季節には春が悠悠と訪れる

【終】

 

書いてはみたものの、私には難し過ぎる歌詞なのであまり正確な意味は分かりません・・・。
中国文学の知識がないと解釈が出来ない部分があるような気もします。

傲慢な笑みを浮かべる天の星というのは権力者のことを比喩してるのかな?
「月圆花好」は平穏で円満な世の中のことで、揺れ動くことで動乱の世の訪れを表しているのだと思います。

 

剣王朝本編の日本での評価は厳しいものがありそうですが、実はアニメ剣王朝は中国でもあまり評価は高くないようです。
爱奇艺(iqiyi)のオリジナルアニメなら「灵域」や「万古仙穹」の方が人気はありそうですが、なぜ真っ先に剣王朝が日本にやってきたのかは微妙に謎ではありますね。
日本進出の足掛かりとして様子を見ている感じなんでしょうか。

とりあえず中国語版も日本語版もOP/EDソングは素晴らしい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。