中国アニメ企業のトップや投資家たちが集う交流イベントに「たつき監督」が出演予定 『二次元未来サミット』

中国のニュースサイトを眺めていたら突然「たつき」の文字が見えて気になったのですが、どうもたつき監督が今月開催される中国のアニメ交流イベント「二次元未来峰会」に参加するようです。

▼「二次元未来峰会」告知

来自:http://www.huodongxing.com/event/7410224341700

今月の12月21日に北京で開催される、アニメ関連産業(ACGN)に関するトークイベント「二次元未来峰会」。
峰会(サミット)と名付けられているとおり、よくある同人的な中国アニメイベントとは違い、中国アニメ企業の役員やトップクリエイターたちが多数参加して今年のアニメ産業の総括や来年の動向を話し合うという、比較的ビジネスの側面が強いイベントのようです。

 

▼主要参加者(ごく一部)

来自:http://www.huodongxing.com/event/7410224341700

参加者のごく一部ですがすでに凄い面々が並んでいて、中国アニメ産業の二大巨頭とも言える騰訊動漫(テンセントアニメ)奥飛娯楽の代表取締役、中国における二次元アニメ文化の中心サイト・ビリビリ動画の代表取締役、中国版ネットフリックスとも呼ばれる中国最大級の動画配信メディア・愛奇芸の副総裁、中国大手ゲーム企業・盛大遊戯の副総裁などなどが参加者として紹介されています。
日本でも知られている企業としては他にもハオライナーズやHappyElementsの代表の名前もありますね。

ガチンコで中国アニメ産業界のトップたちが一堂に会するイベントで、明らかにただのアニメイベントやファンミーティングといったものではない様相。そしてこのイベントでは今年活躍したアニメ作品や人物に賞が授与されるようなのですが、その受賞項目がまた興味深いです。

▼こんな感じ
「今年最も投資価値が高かったアニメ制作会社」
「今年最も投資価値が高かった二次元ゲーム企業」
「今年最も投資価値が高かったIP開発企業」
「今年活躍した投資家」
「今年の新鋭投資家」
「今年活躍した投資団体」

ちなみに会場にはクリエイターの作品発表の場や、IP契約を結ぶための場など、参加者同士が自由に交流する場なども多数用意されているとのこと。
そんなわけでこのイベントはどうもクリエイターと投資家とのマッチングの場でもあるようです。

そんなところに日本の注目クリエイターとしてこの二人が招かれています。

▼ゲスト参加者

来自:http://www.huodongxing.com/event/7410224341700

中国でも人気の高い「進撃の巨人」「甲鉄城のカバネリ」の荒木哲郎監督。カバネリは中国でMMORPGとしてゲーム化されているほどです。

そして「獣娘動物園(けものフレンズ)」のたつき監督。けものフレンズは中国でとくに大ヒットしたというわけではないのですが、日本でブームを巻き起こしたというニュースは中国ネット上でも拡散されており、たつき監督の名前もそれなりに知られているようです。

 

▼最近のたつき監督の活動

 

日本のアニメに積極的に投資しているビリビリ動画、今年既に数十本も新作アニメに投資している莫大な資金力を持つテンセント、アニメ関係のキャラクターIPを次々に買収している奥飛娯楽。

そんな中で主催者告知では「非常に勢いと潜在力がある新鋭アニメ監督」として紹介されているたつき監督。

ふむふむ、これは何か大きな話が進んだりするんでしょうか?また今後の展開が楽しみですね

 

 

 

(2017/12/3 追記)

ちなみにたつき監督を招待したのは最近「アニメガタリズ」などでも日中合作を積極的に進めている「杰外动漫(JY Animation)」のようです

▼過去関連記事

中国のアニメ企業・傑外動漫による日中合作麻雀アニメ「アガリ雀ドル」発表と、その他合作アニメ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。