アズレンのYostarがアニメ制作スタジオを設立 「アークナイツ」PVや「びそくぜんしんっ!」アニメ化などを発表

「アズールレーン(碧藍航線)」を日本で運営するYostarがアニメ制作スタジオ「Yostar Pictures」の設立を発表。
「アークナイツ(明日方舟)」のアニメPVや「びそくぜんしんっ!」のアニメ化なども発表しているのでちょっとメモ書き。

▼アニメスタジオ設立告知ツイート

▼「びそくぜんしんっ!」アニメ化告知

 

▼「アークナイツ(明日方舟)」のアニメPV

 

 


てっきりアークナイツってもう日本サービスが始まってると思ってたけど、サービス開始は今月中旬からなんですね。
今回はゲームのアニメPVで、アークナイツも今後テレビアニメ化していく流れなんだろうか。

 

 


「SSSS.GRIDMAN」で総作画監督を務めた斉藤健吾さんを取締役として迎えているとのことですが、SSSS.GRIDMANといえば「震雷動画」「LAN Studio」「彩色鉛筆動画」などの中国アニメスタジオが全面的に原画を担当した回が好評だったりと、中国サイドとのやり取りでも実績がある感じですね。

 

中国でも中日合作アニメはなかなか上手く行かないと長いこと言われていますが、Yostar Picturesはそういった状況を打開してくれそうな予感がしますね。
また今後の展開に期待しておきます。

▼YostarPictures公式サイト

 

▼過去アズレン関連記事

「アズールレーン(碧藍航線)」の日本艦が動物化・獣耳が生えている中国的な理由

台湾の血多アニメによる「碧藍航線(アズールレーン)」広告?アニメが相変わらずヤバイ

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 日中合作より純中国産アニメのほうが成功してるパターン多いですもんね
    今の中国アニメ、エンディングクレジット見ると
    動画も原画もほとんどが、中国人のアニメーターですよ
    それでいて作画崩れも少なくて質が安定してます

  • 匿名 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.