ビリビリ製作の新作中国アニメ「異常生物見聞録」が日本でも放送されるらしい PVなど

ビリビリ動画が昨年製作発表会を行った中国アニメ「异常生物见闻录」。
なんと日本でも放送されることが発表されました。

▼「异常生物见闻录」のPVはこちら(ビリビリ動画)

 

 

 

 

▼初期の告知イラスト

来自:weibo @异常生物见闻录动画

「异常生物见闻录」は人気小説を原作としたアニメ化作品。
詳しいストーリーは分からないのですが、無職の青年が次々と異生物たちと接触しながら、何故か宇宙規模の異生物管理者となっていくといった壮大な物語に発展していく作品のようです。

昨年のビリビリアニメ製作発表会で発表されていた作品なのですが、これが日本でも放送されるとは意外でした。

▼過去関連記事

ビリビリ動画が中国アニメ作品を怒涛の24作品発表「MADE BY BILIBILI」

 

 

▼登場人物

郝仁(日本版:好人)

本作の主人公で、物語当初はただの無職の青年。
とにかく良い人で、どんな異生物も家族のように受け入れる優しさを持っているみたい。

ちなみに日本版ではドストレートに中国語で「良い人、おひとよし」を意味する「好人」という名前になっていますが、もともと中国版「郝仁(ハオレン)」も好人(ハオレン)の同音ネタな名前のようです。

 


刘莉莉(日本版:莉莉)

人狼少女。パワーキャラですが、意外と頭もいいらしい。
食べるのが大好き。何故か猫が苦手。

 


薇薇安(日本版:ヴィヴィアン)

高貴な生まれのヴァンパイア少女?。1万年以上生きており、かつては「紅月の女伯爵」と恐れられていたらしい。

 


南宮五月(日本版:?)

旅芸人をしているらしい混血セイレーン。
兄は魔物ハンターの南宮三八。結構名前が重要(?)なキャラクターなので、恐らく日本版もそのままの名前かと思われます。

 

▼先行でコミック版もビリビリ漫画で配信されています

 

以前の情報では2019年春公開予定だったと思うので、また楽しみにしておきましょう

 

▼「異常生物見聞録」日本版公式サイト
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 日本の作画崩壊アニメより遥かに良い
    日本のアニメ業界にも未来は無い
    外人が「日本のアニメ好き」と言ってるのは、私は最近理解に苦しみ始めている

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.