中国の殺し屋アニメ「刺客伍六七 Killer Seven」第5話『最強ばあちゃん』

中国の殺し屋アニメ「刺客伍六七 Killer Seven」の第5話

▼第5話『最強ばあちゃん』(ビリビリ動画なのでリンク先でどうぞ)

暂时无法播放,可回源网站播放

※表示されない場合はここをクリック

 

 

 

 

 

 

 

陈婆「これで孫に玩具でも買ってやれるわい」

今回のターゲットは露店で悪徳な商売をしている陈ばあちゃん。

なんだかKOF感があるばあちゃんの舎弟?

サクっと仕事をしようと思っていた七ですが、全く歯が立たないほど強いばあちゃん。

陈婆「ワタシの買い物袋は宇宙限定版だったんだよ。特別に2000元にまけてやるから弁償しな。」

ボコボコに返り討ちにされた挙句にふっかけられる。

陈婆「うちの龍ちゃんの髪をこんな風にしたのは誰だ?」
七「やはりあの子はこの婆さんの孫だったのか・・・」

どうも龍ちゃんの髪をこんな面白くカットしたのは七みたいです。

そして殺しの依頼人は龍ちゃんのパパ。
つまり陈ばあちゃんの息子。

陈婆「笑いたければ笑えばいい。ワタシはただの恥知らずなババア。」
陈婆「こんな老いぼれには、この家族を守る方法は他に無いのさ。」

息子と孫、家族に全ての愛情を注いできた陈ばあさん。
悪どい商売も家族の生活のためだったようです。

鸡大保「優れた殺し屋ってのは、相手の弱点を狙うものだ」
鸡大保「それは人の情」

とか言いつつ孫の龍ちゃんを狙う鸡大保。
こいつが一番ワルだな!

意外身亡保険=生命保険

愛情を注いできた実の息子に生命保険をかけられ、金のために殺されそうになっていた陈ばあさん。
やるせない。

七「ほんと、納得いかねーな」

残念なことに、こういった話は現実に起こっているようですね。

▼関連記事
大紀元 両親を毒殺、保険金詐欺の容疑で32歳男を逮捕=陜西省

前のエピソードもそうでしたが、刺客伍六七は意外とこういった現実的な社会問題をテーマに持ってくる作品なんですね。

 

 

 

 

(やっぱり気になるおまけ)


こんな格ゲーキャラの並びだと、どうしてもばあちゃんが豪血寺の血筋に見えてきてしょうがない・・・
強さ的にも

▼豪血寺一族な方々

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。