中国生まれの音ゲー「MUSYNC」にiOS版の新型MUSYNCが登場したので遊んでみた

cb01.jpg
中国生まれのPSVITA(PSM)向け音ゲー「MUSYNC」
PSMのサービス終了により、iOS版の新型MUSYNCとして生まれ変わったようです。



▼「MUSYNC for iOS」プロモーション映像


▼過去関連記事
中国生まれのPSVITA用音ゲー「MUSYNC」を遊んでみた 【中国ボカロ洛天依曲も収録】
中国の音楽ゲーム「MUSYNC」 PS4でニューバージョンMUSYNC企画が登場?
▼日本のiTunes Storeでも既に公開されています
iTunes Store 「MUSYNC」

そんなわけで早速レッツプレイ
▼曲選択画面
cb02.jpg
スクロールでめくって曲を選択します。
初期曲は概ねPSVITA版の収録曲。
譜面はEASYとHARDの二種類あるようですね。
ちょっとページがめくりにくいかも・・・。
▼設定画面
cb05.png
SoundHelperとい見慣れない設定がありますが、どうもこれはノート音が出るタイミングを調整するオプションのようです。
「OFF」にすると自分が叩いたタイミング
「WEAK」は実際の音楽のタイミングにやや調整
「STRONG」は実際の音楽のタイミングに大幅調整
「AUTO」は押すタイミングに関係なく自動再生
なかなかのこだわり機能ですね。
▼プレイ画面
cb03.jpgcb04.jpg
まぁあれですね、概ねDEEMO
曲によってスキンが異なるようで、右のサイバースキンではノートが跳ねたりするエフェクトがかかります。
これがなかなかかっこよくて爽快
ちなみに判定はかなり甘くて、とりあえず押せてればコンボは繋がる感じ。
▼そんなわけで例によってプレイ動画を少し撮っておきました

「Tales of Ginkgo」 はPSVITAのMUSYNCでも一番好きな曲です。やはり楽しい
▼こちらはサイバースキン曲の「After Dawn」

この曲は以前のPVで見てすごく遊んでみたかった曲です。
私にはちょっと難しい譜面なのでかなり必死プレイで指先の皮が剥けそう・・・。
でもやっぱりこの曲は爽快で楽しい
▼楽曲購入画面
bc02_2015070803155826d.jpg
楽曲は楽曲購入で追加することが出来ます。
今後もどんどん追加曲があると思うので、とっても楽しみにしておきます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。