元Vocaloid Chinaスタッフと七霊石による新バーチャルアイドルプロジェクト 「Project-聆」

かつて中華ボカロ・洛天依のプロジェクトだった「Vocaloid China Project」の元スタッフと、洛天依のプロモーションアニメ制作を手掛けていた「七灵石(SevenStones)」による新たなバーチャルアイドルプロジェクト『Project-聆』が発表されました

▼『Project-聆』は上海のアニメイベントComicup20に合わせて発表されたようです
bt01_201705010116259f8.jpg
来自:weibo @七灵石
ざっとサイトの紹介文を読んだ感じだと、この『Project-聆』を企画したのは元々Vocaloid China Projectに関わっていたjarryestelという人のようです。
そして『Project-聆』の制作を進めている『七灵石』もまた、Vocaloid China Projectのプロモーションアニメを制作していたアニメスタジオです。

 

▼「Vocaloid China Project」のプロモーションアニメ

 

▼過去関連記事
Vocaloid China活動終了の経緯と、今後の中国ボカロ展開について 【洛天依・言和】

 

「Vocaloid China Project」はなんやかんや紆余曲折があって、結局中途半端なところで終了となってしまったので、スタッフとしても不完全燃焼感があったのかもしれません。説明文では「Vocaloid China Project」が本来目指していた世界観や理想を受け継いだバーチャルアイドルを作っていきたいといった印象を受けます。
あとキーワードとして「聆姼」といった言葉が掲げられています。美しい歌声に耳を澄ませる的な意味かな?

 

▼キャラクター紹介
bs96_201705010006357c2.jpg
来自:http://www.qilingshi.com.cn
聆雨(líng yǔ/リンユー)
雨は二十四節気の「雨水」からきており、万物を復興するという意味があるそうです。
キャラクターにはそれぞれルーン文字が割り当てられて髪飾りのデザインの一部としても取り込まれています。
聆雨のルーンは「ur(ウルズ)」で力を象徴するパワーキャラ。

 

bs97.jpg
来自:http://www.qilingshi.com.cn
聆霜(líng shuāng/リンシュアン)
霜は二十四節気の「霜降」からきており、秋から冬への季節の転換を表しているようです。
ルーンは「beorc(べオーク)」で、誕生や母性を象徴する癒しキャラ

 

bs98_2017050100063894c.jpg
来自:http://www.qilingshi.com.cn
聆秋(líng qiū/リンチョウ)
秋は二十四節気の「秋分」からきており、昼と夜の均衡が取れることを表しているようです。
ルーンは「sol(ソウェイル)」で、太陽や完全性、均衡、知性を象徴する優等生キャラ?
今後、音楽活動やアニメ展開を行っていくということなので、また楽しみにしておきます。

 

▼公式サイト
bs99_20170501000639eb9.jpg

来自:http://www.qilingshi.com.cn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(今中国で受けるバーチャルアイドルはこれだ!的おまけ)

暂时无法播放,可回源网站播放

※Androidの方はここをクリック

最近バーチャルYoutuber「キズナアイ」が妙に中国ネットで受けてます。
人工智障とか言われてますが・・・

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。